【開催報告】平成28年度ソルガムきび健康食品コンペティション

投稿日:2016.12.28
カテゴリ:子実活用

h28%e3%82%bd%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%82%99%e3%83%a0%e5%bd%93%e6%97%a5%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7

↑上の画像をクリックすると、開催チラシがPDFで開きます。

 

12月8日(木)に信州大学工学部にて開催された最終試食審査会の模様をお伝えします。 今回は、新たにアレルゲンフリー賞の創設と第2回ということもあり、昨年に増して多様でレベルの高い活用方法が示されました。8名の審査員の他、 100名の一般来場審査員も加わり、延べ 200名に参加いただきました。

1. 日時・会場

開催日時:平成28年12月8日(木)13:30〜17:30(13:00開場)

開催場所:信州大学長野(工学)キャンパス SASTec 3階大会議室

 

2. 開催組織

主催:平成28年度ソルガムきび健康食品コンペティション実行委員会
株式会社東急ハンズ長野店/株式会社長野県A・コープ
/長野県信用農業協同組合連合会/長野県/高山村/長野市/信州大学

後援:SBC信越放送/一般社団法人日本雑穀協会/株式会社三幸商事
/長野市地域温暖化防止活動推進センター

 

3. 審査経過

1)書類審査応募締切日        :2016年10月17日(月)17:00必着
応募作品数:44

2)一次審査会                     :2016年10月26日(水)14:30〜16:30
一次審査通過作品数:20

3)最終試食審査会               :2016年12月8日(木)13:30〜17:30

 

4. 審査員

※五十音順・敬称略

  • 天野 良彦 (信州大学工学部教授・コンペ実行委員会)
  • 後藤 千夏 (株式会社東急ハンズ長野店 店長)
  • 塩川 吉郎 (長野県観光部信州ブランド推進室長)
  • 芝野 潤一 (長野県 A・コープ商品部 部長)
  • 高橋 和子 (須坂市給食センター栄養教諭・管理栄養士)
  • 田口 裕一 (長野市環境部環境政策課 課長)
  • 田中 雅子 (雑穀料理研究家)*特別講演①
  • 横山 タカ子(料理研究家・信州伝統野菜認定委員会委員長)*特別講演②

 

5.審査結果

 
作品名 出品者 出品写真
最優秀賞

(副賞10万円)

信州ジビエとソルガムのポルペッティーネ 農園カフェ ラビット

(大町市)

a-1_%e6%9c%80%e5%84%aa%e7%a7%80%e8%b3%9e
アレルゲンフリー賞
(副賞8万円)
ソルガムこんにゃく 有限会社 寺田屋

(長野市)

c-3_%e3%82%a2%e3%83%ac%e3%83%ab%e3%82%b1%e3%82%99%e3%83%b3%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e8%b3%9e
料理部門賞
(副賞5万円)
健康ソルガムきびのふりかけ「健康ソルふり」 中島 敬治

(長野市)

a-7_%e6%96%99%e7%90%86%e9%83%a8%e9%96%80%e8%b3%9e
スイーツ部門賞
(副賞5万円)
信州ソルガムのしっとりシフォンケーキ おやつ工房 ままおーぶん

(長野市)

b-2_%e3%82%b9%e3%82%a4%e3%83%bc%e3%83%84%e9%83%a8%e9%96%80%e8%b3%9e
チャレンジ部門賞
(副賞5万円)
高野豆腐入りソルガムきびパン 郡司 麻美

(長野市)

c-5_%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%82%99%e9%83%a8%e9%96%80%e8%b3%9e
審査員特別賞
(副賞5万円)
つぶつぶ発酵ソルガム 濵渦 亮子

(伊那市)

c-1_%e5%af%a9%e6%9f%bb%e5%93%a1%e7%89%b9%e5%88%a5%e8%b3%9e
努力賞
(副賞5千円)
ソルガムちまき いな食育研究会

(伊那市)

a-2_%e5%8a%aa%e5%8a%9b%e8%b3%9e
努力賞
(副賞5千円)
ソルガムと大豆のキーマカレー 林 真理

(塩尻市)

a-3_%e5%8a%aa%e5%8a%9b%e8%b3%9e
努力賞
(副賞5千円)
ソルガムきび不老長寿豆富 日本料理 悠善
中島 瑞生(長野市)
a-10_%e5%8a%aa%e5%8a%9b%e8%b3%9e
努力賞
(副賞5千円)
きびショコラ 松田 美和子

(長野市)

b-4_%e5%8a%aa%e5%8a%9b%e8%b3%9e

 

dsc04464_r
試食巡回審査の様子
その他、昨年度の入賞者5組による特別出品も行われました。昨年から工夫や改良が加えられ、実際に商品化された作品もあります。

・「ソルガムなっとう」有限会社村田商店
・「ソルガムきび麹100%味噌」鳥羽 広子
・「そるもっち」七二会かあさんち
・「信州産 ルビーなタルト」濵渦 亮子
・「信州ソルガムエール」信州ソルガム株式会社

dsc04649_r
「そるもっち」

dsc04640_r
「信州産 ルビーなタルト」

dsc04273_r
「信州ソルガムエール」

そして後半には、雑穀料理研究家の田中雅子さんと料理研究家・信州伝統野菜認定委員会委員長の横山タカ子さんによる 特別講演。それぞれ、家庭で気軽に活用できる「常食」としてのソルガムきびの魅力等をお話しいただきました。

dsc04739_r
特別講演①:「小さな粒たちは優秀な食材 ~作り手も楽しめる料理の提案~」田中 雅子 氏

dsc04746_r
特別講演②:「毎日の食卓 食材の選び方」横山 タカ子 氏

%e5%87%ba%e5%93%81%e8%80%85%e3%81%a8%e5%af%a9%e6%9f%bb%e5%93%a1
集合写真|出品者と審査員

今後、昨年と今回の出品作品をもとにレシピ本の作成や入賞作品の商品化等を目指し、さらなるソルガムきびの健康食としての可能性を広げていきたいと考えています。そのためにも、原材料の供給も安定的に行えるよう、ソルガムきびの栽培普及も同時に進めてまいります。まずは、組織づくりが目下の課題。皆さまのさらなるご協力をどうぞよろしくお願いいたします。

投稿日:2016.12.28 カテゴリ:子実活用

本ホームページは、一般社団法人 北陸地域づくり協会の助成によって運営しております。