栽培講習会(収穫編)を開催!

投稿日:2016.10.17
カテゴリ:栽培方法

秋晴れの10月14日(金)に栽培講習会(収穫編)を開催しました。多くの皆さんにお集まりいただき、様々な収穫の方法を試みました。

①バインダー
まずは、米の収穫用に用いられる一条刈りのバインダーで収穫を行いました。背丈が大きいため、隣で併走して補助しながら作業を行います。

dsc_0490

バインダーで結束された束3つを立て掛け合わせ、ボッチ状に組み紐で括ります。乾燥する際の一例です。この他に、はぜ掛け棒にそのまま立て掛ける方法や、穂先だけ刈ったものを結束し稲のようにはぜ掛けする方法など様々です。茎葉を活用しない場合は、穂先だけ刈り、立ち枯れさせても良いでしょう。

img_6468

②手刈り
続いて、参加者それぞれ剪定鋏や鎌を持って手刈りを行いました。下の写真は、西山地域の在来種「モチキビ」です。赤い色が特徴です。穂先だけ刈り、天気が良いので一時的に天日干しに。

img_6471

③開発した収穫機械
かねてから試験栽培において株式会社関東甲信クボタ様のご協力をいただき行っています。高山村で以前ソルガムの試験栽培を行っていた際に関東甲信クボタ様で開発された収穫機械を今回試しました。

img_6465

④汎用コンバイン
そして、大面積であれば大活躍するコンバインの登場です。

img_6466

最後に、意見交換会を行い、収穫会を終えました。はたして、収穫量はどれほど!?
参加された皆様、お疲れ様でした!

img_0901-2

投稿日:2016.10.17 カテゴリ:栽培方法

本ホームページは、一般社団法人 北陸地域づくり協会の助成によって運営しております。