【募集】平成28年度 ソルガムきび健康食品コンペティション

投稿日:2016.09.09
カテゴリ:子実活用

h28%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%98%e3%82%9a

⬆︎この画像をクリックすると、募集チラシ(PDF)が開き、ダウンロードすることができます。

平成28年度 ソルガムきび健康食品コンペティション

1. 開催主旨

長野市では広域合併の結果多くの中山間地を抱え、地域を担う人口の減少から耕作放棄地が増え続けています。市内農地の22.7%に当る1,634haが耕作放棄地で、そのうち中山間地域では73.0%にものぼります(世界農林業センサス:H22年)。こうした地域課題を解決するため、長野市と信州大学が共同で、日本では「タカキビ」や「コーリャン」等と呼ばれてきた、イネ科の穀物『ソルガムきび』のカスケード利用によって、人・産業・エネルギー等の創成や農の保全を担う多角的な地域自立型循環モデルの開発・研究を平成25年度から実践し、本年度で4年目を迎えました。

本事業の一環で、昨年度に引き続き「ソルガムきびを活用した健康食品」のアイデア・試作品を広く募集するコンペティションを開催いたします。ノンアレルゲンで栄養価の高い夢の穀物のさらなる可能性を、未来の子どもたちのために県内の皆さんとともに創造したいと考えています。入賞作品は、産・官・学・民が連携した商品化へ向けた協議を開始し、「信州ソルガム」のこれからの一翼を担っていただきます。

 

2. テーマ 

「ソルガムきび × 信州産の食材」

 

3.応募対象

長野県内にお住まいの方

 

4.応募条件

下記の両項目を満たしていること

  1. 「ソルガムきび」を主な原材料として活用した健康食品・料理であること
  2. 信州産の食材(見込みを含む)と組み合せていること(※調味料を除く)

 

5.応募部門

下記の部門の中から一つを選び、応募すること

  1.  料理   部門
  2.  スイーツ 部門
  3.  チャレンジ部門*

* A、Bの枠におさまらない挑戦的な作品

※同じ応募者が複数応募することも可能です。その場合、応募作品一つにつき、応募用紙が一枚必要となります。

 

6.賞

  •  最優秀賞      1点(副賞10万円)
  •  アレルゲンフリー賞 1点(副賞8万円)
  •  部門賞       3点(副賞各5万円)
  •  審査員特別賞    1点(副賞5万円)
  •  努力賞       4点(副賞各5千円)

7.審査基準

下記の項目について審査を行います

  1. 地域貢献度:地域の魅力を発揮した提案
  2. 創造性  :発想、着眼点、独創性
  3. 活用性  :ソルガムならびに地域の食材をどの程度活用しているか
  4. 食味   :味、食感、食べやすさ
  5. 商品性  :見た目、商品力、ブランド力
  6. 健康志向性:健康促進を意識した内容であるか

 

8.応募方法

所定の応募用紙に必要事項を記載し、電子メールもしくは郵送等で事務局まで応募すること。

なお、FAXでのご応募は受け付けておりません。

応募用紙は、募集案内チラシの裏面、または下記よりダウンロードが可能です。

PDF版    WORD版

 

9. 開催日程・会場

  • 募集説明会 終了しました
    日時:平成28年9月16日(金)16:00〜17:30(15:30開場)
    会場:信州大学工学部キャンパス ものづくり支援センター〔UFO Nagano〕
    5階 産学行交流室(長野市若里4-17-1)
    内容:ソルガムきび事業の概要説明およびソルガムきびの実と粉を譲渡する予定です。参加を希望される方は、9月15日までに下部お問い合せ先までメールやファクス等でお申込みください。
  • 募集締切期限 受付終了しました。多数のご応募いただき誠にありがとうございました。
    平成28年10月17日(月)まで(郵送の場合、17:00必着)
  • 一次審査の結果通知
    平成28年11月2日(水)までに全応募者へ一次審査(書類審査)の結果を通知いたします。
  • 出品者説明会
    日時:平成28年11月11日(金)14:00〜15:30(13:30開場)
    会場:信州大学工学部キャンパス ものづくり支援センター〔UFO Nagano〕
    5階 産学行交流室(長野市若里4-17-1)
    内容:コンペティション当日の流れや留意事項およびソルガムきびの実と粉を譲渡する予定です。一次審査通過者のみご参加いただけます。
  • 公開試食審査会
    日時:平成28年12月8日(木)13:30〜17:00(13:00開場)
    会場:信州大学工学部キャンパス SASTec 3階大会議室
    一般の方々もご参加いただけます(別途ご案内する予定です)。

%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%98%e3%82%9a

10. お問い合せ先

実行委員会事務局窓口|信州大学地域総合戦略推進本部 工学部分室
(担当:新、風間)
電話  :026-269-5178
ファクス:026-269-5630
メール :sorghum(アットマーク)shinshu-u.ac.jp

投稿日:2016.09.09 カテゴリ:子実活用

本ホームページは、一般社団法人 北陸地域づくり協会の助成によって運営しております。